喚き散らしたい感情になったときに冷静に自分の感情を伝えるのが困難でだいたい黙り込んでしまうか、自分の言いたいこととはちょっとずれた言いやすいことで有耶無耶にしてしまう

./TerrariaServer.bin.x86_64: /lib64/libc.so.6: version `GLIBC_2.14' not found (required by /home/xxx/Dedicated Server/Linux/lib64/libmonosgen-2.0.so.0)
./TerrariaServer.bin.x86_64: /lib64/libc.so.6: version `GLIBC_2.15' not found (required by /home/xxx/Dedicated Server/Linux/lib64/libmonosgen-2.0.so.0)
% /opt/mono/bin/mono --version                                                               [/usr/local/src/mono-4.6.2]
Mono JIT compiler version 4.6.2 (Stable 4.6.2.16/ac9e222 Wed Feb 22 00:45:09 JST 2017)
Copyright (C) 2002-2014 Novell, Inc, Xamarin Inc and Contributors. www.mono-project.com
        TLS:           __thread
        SIGSEGV:       altstack
        Notifications: epoll
        Architecture:  amd64
        Disabled:      none
        Misc:          softdebug
        LLVM:          supported, not enabled.
        GC:            sgen

マイノリティーリポート (ドラマ) 1話を見た

何気なくhuluを見ていたらマイノリティーリポートのドラマ版が配信されているらしく1話だけ見てみた。
www.hulu.jp
勝手ドラマかと思ったら映画のちゃんとした続編らしい

未来ガジェットがとにかくかっこいいのでSF好きなら雰囲気だけでも楽しめそう。

FurlでBASIC認証をする際にURLにログイン情報を入れない

http://username:password@host/pathでリクエストしたくなかったので
ヘッダに入れてみたらできた

{
my $furl;
sub furl {
my $base64 = encode_base64($username.':'.$password,'');
$furl //= Furl->new(
agent => 'Agent',
timeout => '1',
headers => [Authorization => 'Basic '.$base64],
);
}
}

rpmforgeとかで間違えたバージョンを入れちゃった時にどうするか

CentOS 6.6にel5のパッケージ入れててハマったのでメモ

rpm -qa | grep forge で探す
rpm -e rpmforge-hogehoge で消す

rpm -ivh 正しいパッケージ で入れなおす
これて直ったかと思ったら相変わらずel5のファイルをインストールしていてエラーが出る。

clean all とかDBのrebuildしたけどうまく行かず

sudo rm -fr /var/cache/yum/*
でキャッシュを消してなおった